タトゥー消す方法を調べている方に役立つ美容外科の情報をご紹介

SITEMAP
素敵なお肌の女性たち

タトゥー消すはプロに任せて新しい1歩を

背中の美しい女性

若気の至りで入れてしまったタトゥーはボディペイントのように簡単に落とすことができません。自分で考えた方法とか一見怪しい市販品を使っても決してタトゥーを入れる前のキレイな素肌に近づけることは難しいです。そのためタトゥー消すことで、1日も早く綺麗な肌を手に入れたい場合は、プロに任せるのが近道といえます。タトゥー消すには国内の美容外科で気軽に行うことができます。方法も1つだけではないくつかあります。
例えば一般的なレザーを数回照射して綺麗な肌に近づける方法や、外科的なメスを使って目立たなくしていく方法、他にも1度皮膚を切除した後に皮膚移植といった感じのタトゥー消す方法があります。
しかしこの方法が良いといってこちらから除去の方法を指定することはどの美容外科でも難しいといえます。というのはこの方法は現在入れているタトゥーの面積等によりどの方法が一番適しているかが違ってくるからです。
そのため除去方法に関しては美容外科の医師が判断する部分といえます。因みに施術後の跡を気にされる方もいますが、レーザーの場合は全くといっていいほど跡は残りにくく、メスを使う施術の場合は多少跡が残ることもありますが、さほど目立つものではないといえます。

タトゥー消す時に痛いのが不安な方へ

タトゥー消すことをしたいと思ってみても施術時の痛みに不安がある方もいるかもしれません。タトゥーを入れた時は痛い思いで入れたのだから、消す時は無痛で済ませたいと思うかもしれませんね。実際、タトゥー消す時の痛みに関しては心配はないというのが答えです。理由としては麻酔を用いるため施術中に痛みをがまんすることもなければ歯をくいしばる事もありません。ほぼ痛みなく施術が進行されるからです。
また、人によっては麻酔時の注射の痛みさえも苦痛という方もおられますが、こちらも心配はありません。美容外科で行われるタトゥー消す時の麻酔ではクリームタイプが使われることがあります。施術をする部分に麻酔クリームを塗りこむことで痛みはないといえます。麻酔クリームは塗ってから数十分経ってから効いてきますがその間も極度にしみる等ということもありません。
施術の面積が広範囲の場合は塗る際に、多少時間がかかることもありますが、いずれの場合も痛みに関してはほぼ無痛のため、どの美容外科で施術を受ける場合でも安心といえます。また注意点として身体に何か疾患がある場合は、麻酔の効果に影響することもあるので、事前に持病の有無を包み隠さず美容外科医に伝えておくことが大切といえます。

高度な医療技術によって行われるタトゥー消す方法

タトゥーを入れたものの、事情があって綺麗に消したいと望むのであれば、美容外科でタトゥー消すことを依頼しましょう。美容外科では高い医療技術を用いて、適切な方法でタトゥー消すのを行ってくれるので安心です。現在の技術だと4種類の方法から選ぶことができます。レーザーを使った方法は皮膚に直接メスを入れないため、比較的体への負担の少なさがメリットです。脱毛やシミ除去などに使われる特殊なレーザーですので、黒や黒に近い紺、茶系の単色タトゥーに効果があります。
タトゥーの状態によって施術回数は異なります。傷跡が残りにくく、時間の経過とともに薄くなるのが魅力です。メスを使ってタトゥーごと皮膚を切り取り、縫合する方法もあります。比較的範囲の狭い部分に有効なタトゥー消すことができる技術です。皮膚そのものを切除するため、色の種類や濃さに関係なく消せます。縫合技術の高い美容外科に依頼することで、縫った跡が目立ちにくくなります。
ごく狭い範囲なら1回の施術で終わります。皮膚を削ることでタトゥーを除去する方法は、色素が比較的浅い部分であれば1回の施術で、やや深めであれば数回の施術で消すことが可能です。皮膚移植による方法は、広範囲のタトゥーを取り除くときに利用する高度な施術です。

最新記事一覧